【うほっw】ちょwおまwww【いい男w】 ルイージの日記

コメント、相互リンク歓ゲイです

■ちょwおまwwwTOPニュース 

みんぽーが管理しています
special thanks きたゆめ。さん

カレンダー 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

自分クリックいいっすか 


ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログランキング

最新の記事 

最近のコメント 

天気予報 

メールフォーム 

リンクも歓迎いたします。 面白いネタ、まとめて欲しいスレなどがあれば教えてくだしあ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク 

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告

 

1:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:21:10.61 ID:ByHvAoJFO
こんばんは。僕はルイージ。
実は最近、自分の事ながら良く分からないことがあるんだ。
それは兄さんと僕が双子なのか兄弟なのかって言うこと。
実はお前ら双子じゃなくて兄弟なんだぜwwwとか言って来る人もいれば
双子だろ?って言う人もいる。両親が言うには僕たちは
コウノトリに二人一緒に連れてこられたって話だから、
やっぱり双子なのかもしれない。別にどっちでもいいんだけど。
でも両親の言うとおりコウノトリに運ばれて来たなら
僕らは鳥類なんじゃないだろうかと、一人枕を濡らす日もあった。
涎で。
今日も食欲があるみたいで良かった。
あとであほうどりの焼き鳥を食べよう。
あ、そうそうピーチ姫とデイジー姫はどうみても色変えただけにしか
見えないけど他人だよ。他人の空似ってあるんだなぁ






7:おせち(8,000円) :2006/12/16(土) 04:23:39.71 ID:8JOOXhx+0
とりあえず見守るあげ




10:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:25:34.54 ID:ByHvAoJFO
少し歩くと広間に出た。
これだけ扉があると何処にいけばいいのか分からない。
手当たり次第入って行くのも良いけど、急がないと
折角持って来た花が枯れてしまう。
取りあえず少し水につけないと……
僕は少し考えたあと花束を崩し、二つの束にした。
そしてそれをそれぞれの鼻の穴に(右:10本、左:11本)入れて
歩き出した。豪華な髭だ。ちょっと深くさしすぎたのか鼻がツーンとした。
更にそのままお花畑気分で歩いていると
大きな一枚絵のある部屋に付いた。この部屋は見覚えがある。
確かこの絵の中に入って星をひたすら集めまくったんだった。
兄さんが。
うーん…でも今も昔も僕はこの絵の中には用はないし…。
あ、最近やった星集めには僕も結構協力したんだけどね。
もしかしたら絵の中にピーチ姫がいるかも、とか少し悩んだけど
とりあえず絵の部屋を出て、また違う扉を開いた。
花が枯れてしまうと、気は焦るがこんな広い城だ。
適当に進んで偶然たどり着いた!なんて事があるんだろうか…






12:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:27:49.29 ID:ByHvAoJFO
いい加減鼻も痛くなって来たので21本を一気に引き抜いて
城内をウロウロしてたら、割りと立派なドアが目に入った。
きっとあれがピーチ姫の部屋に違いない!
偶然ってあるもんなんだなあ。
今日は運が良い。もう今世紀は良いことないかもなぁ
コンコン、
僕は花束が崩れないように大切に左腕に抱え、その堅固なドアをノックした
「はぁい、どなた?今開けます」
ドアが乾いた音を立てて少しすると、立派なドアには似合わない
可愛らしい声が中から聞こえて来た。
この声は聞き覚えがあった。この城の主、ピーチ姫だ。
良かった。花も枯れてないし、たどり着けたし。
本当に今日は運が良い。こんなに運を使っちゃって明日からが怖いなぁ





14:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:29:36.42 ID:ByHvAoJFO
そんなことを考えていると目の前のドアノブが回転し、
ドアが細く開いた。隙間からその部屋とこの城の主、ピーチ姫の顔が見えた。
「待ってたわ、マ…」
「こんにちは。僕だよ。今日はね、このお花を…」
と、言いかけて僕はつい、目の前のお姫様に見とれてしまった。
いつも手入れの行き通った金髪の髪は今日もつやつやで
頭に小さく乗った王冠の輝きにも負けていないほど綺麗だ。
目もぱっちりとしていて愛らしく、その下の小さな鼻、
それからプルン、としたピンクの唇が……
そこまで考えていたら、その魅惑的な唇が動き、言葉が聞こえ
その可愛い声とドアの閉まる音に思考が現実に戻された。
ピーチは僕にこう叫んで目の前からいなくなった
       「チ ェ ン ジ ! ! ! ! !」





15:猪(早すぎ) :2006/12/16(土) 04:31:14.76 ID:R8mnkd9h0
ピーチヒドスwwwwwwwww




16:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:32:38.60 ID:ByHvAoJFO
―――チェンジ。
チェンジとは一体なんだろう、と花束を抱えてポカンとドアを見つめる。
目の前のドアはピーチ姫の声と同時に閉まり、結局腕の中の束は
行き場を失ったままだった
チェンジって…もしかしてこの花が気に入らなかったんだろうか…
もしかして鼻の穴に突っ込んだからかな?
やっぱり城の主には城内で起こったことは筒抜けなんだ。凄いなぁ
ひとまず気に入られなかったのなら仕方がない、と僕は来た道を戻った。
まだ家の掃除が終わってなかったし、早くかえっておわさなくちゃ。
それから―――……
「?」
ふ、と視線を感じ振り向くと
「―…兄さん…」
そこには兄さんがいた。





18:猪(アイドル) :2006/12/16(土) 04:34:12.05 ID:4VyQ0myTO
これは期待できる




20:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:34:57.25 ID:ByHvAoJFO
「ピーチ姫の部屋の前で何をしてたんだい?ルイージ」
「あ、あぁ…この花をさ、ピーチ姫にあげようと思ったんだけど…」
僕は持っていた花束を掲げ、困ったように肩をすくめた
「それはピーチ姫の好きな花じゃないか」
兄さんはその花を受けとり、何か手をスボンで拭いた。
多分鼻水がついてたんだと思う。ごめんね兄さん。
「で…この花、姫にあげなかったのかい?どうして?」
「なんか良く分からないんだけど、チェンジって言われたんだ」
「ぶふぅwwww」
僕がさっきあった事を話すと兄さんが吹き出した。
花粉でも鼻に入ったのかなぁ…ごめんね兄さん。






21:初夢(蛇の夢) :2006/12/16(土) 04:35:02.95 ID:/0wKmvES0
※>>1は携帯で一生懸命書いています




22:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:37:24.11 ID:ByHvAoJFO
結局花束は兄さんが姫の元へ持って行ってくれた。
「…大切な弟…の贈り物を、撥ね除けるなんて…ピーチ姫でも許さ…ない」
怒りで震えてたのか、肩を震わせ、時折吹き出しながら
兄さんはそう言ってくれた。
花粉に苦しみ、吹き出しながらも
僕の事を真っ先に考えてくれる兄さんは僕の誇りだし、
この世界のヒーローだ。やっぱり兄さんはすごいや!
僕は清々しい気持ちで廊下を歩いて行った。
余談だけどもちろん僕が兄さんたちの
『待ってたわ、マリオ…今日は来てくれないかと思ってた…』
『あぁ…ルイージが来たからですか?僕が来ない訳ないじゃないですか』
『あぁ、マリオ……あら、そのお花…』
『はい、姫が好きな花ですから…お土産に買ってきました。 僕 が 』
『嬉しい…流石はマリオだわ!』
…なんて会話をしてるなんて知る事は一生知る由も無かった。





23:初詣で痴漢 :2006/12/16(土) 04:39:37.84 ID:3/bj/Q0xO
ルイージ…(´;ω;`)



24:おせち(3,000円) :2006/12/16(土) 04:40:10.65 ID:058pxZ73O
せつない…………………




25:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:41:19.40 ID:ByHvAoJFO
「デュデュッデュッデュデュッデュ!ポン!」
僕はステージに流れる曲をのりのりで歌いながら廊下を歩いていた。
すると目の前になにやらモゾモゾとうごめくものが。
「………?」
それが、なんだか分からなかった僕は用心しながらも
じりじりと近付いて行った。
そして、そこで見たものは…
「キ、キノッポさん!!?」
沢山の赤ん坊に囲まれたおむつの兵士、キノンビョさんだった。
「一体どうして――……」
と、そこまで言って僕は気がついた。
そう、このキノコの赤ちゃんたちはさっき僕がキノッコを
つついた時に出た胞子が生を受けた命達なのだろう






26:◆EH7gNvyoUE :2006/12/16(土) 04:42:36.98 ID:ByHvAoJFO
つまり………
その先を考えて僕は恐ろしくなった。
この胞子達が世に出、子が生まれてしまった原因――…
言葉に出すのも恐ろしいが、つまりは僕が父親と言う事だ。
「ル、ルイージさん……」
心持ち頬を赤くしたキノンボを置き去りにし、僕は走り出した。
後ろで「認知してください」って聞こえた気がしたけど
もみあげが耳に詰まって良く聞こえなかった。
僕は走った。走って逃げた。
走った事により血圧が上がったのか、
さっき花をつっこんだときに切れていたのか。
良く分からないけど鼻血を流しながら逃げた。
そして、その日は布団に潜って震えていた。
【一日め終わり】





29:猪(筋肉質) :2006/12/16(土) 04:46:48.80 ID:i+iiOIRiO
「デュデュッデュッデュデュッデュ!ポン!」 がツボったwwwww




30:猪(おまっ) :2006/12/16(土) 04:48:21.37 ID:BGGdQb130
おもすれぇ(^ω^)



31:猪(ベース) :2006/12/16(土) 04:49:39.72 ID:dPJOgC2iO
キノピオの名前がwwwwwww





つ【クリック】
ブログランキング
スポンサーサイト
2006/12/16 23:57|2ちゃんTB:0CM:2

コメント

デュデュッデュデュデュッデュッポンで氏んだwww
汚い名無しだなぁ #-|2006/12/17(日) 00:11 [ 編集 ]


ルイージせつねぇ…
汚い名無しだなぁ #C6aB8Xos|2006/12/17(日) 00:30 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://tanikure.blog69.fc2.com/tb.php/634-0e0dc285

ホーム 全記事一覧 << 前の記事 次の記事 >>

プロフィール 


みんぽー

Author:みんぽー
はじめまして(ブログ紹介)

記事一覧 

* * *

カテゴリー 

逆アクセスランキング 

Google 

Google

WWW検索 ブログ内検索

うほっ pick up 

人気ページ 

検索ワード 

RSSフィード 

QRコード 

QRコード

Copyright(C) 2006 【うほっw】ちょwおまwww【いい男w】 All Rights Reserved.
ブログパーツブログパーツ レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。